ご存知ですか?関節痛の原因となる病気

関節痛の痛みとは切ないものです。関節に何かしらの異変を生じると、痛みや腫れなどが起こりますが原因となる病気と症状はさまざまです。症状を覚えておくことで、適切な対処も可能となります。ここでは、関節痛の原因となる代表的な症状をご紹介します。関節リウマチは膠原病の一種で、身体の免疫異常が原因です。そのため、一個の関節ではなく全身の関節が痛む、腫れるなどの症状がでます。関節リウマチの場合、関節痛だけではなく全身の倦怠感や食欲不振の他、内臓などの疾患を併発する場合があります。肩関節周囲炎、一般的には四十肩・五十肩と呼ばれています。加齢が原因により、肩の関節や周辺組織に炎症が起こります。腕を上げたり回したりする動きで痛みがでます。痛風は血液中の尿酸値が上がることで起る関節の炎症です。アルコールや肉、魚などに含まれるプリン体の過剰摂取、または水分補給の不足により発症します。症例としては、足の親指に発症することが多く見られます。

関節痛・神経痛に効く治療・改善法は?サプリの口コミ比較